中国の通関にて、エネルギー効率ラベリング制度の対象外である仕様の
製品(特にプリンター類)に対し、ラベリング制度の対応がされていないとして
指摘を受けるトラブルが多発しています。

通関時のトラブルを避ける対策としまして、 出荷前に予め非該当確認書を
入手しておく方法がございます。
これにより、通関でのトラブルや時間を要するリスクを軽減させることが
出来ます。

弊社にて承っておりますので、是非ご用命下さい。

弊社では現地合弁会社である『CAC Quality Technology Ltd』を通じ、
これらの情報入手、評価試験、認証業務をスピーディーに
対応させていただきます。

詳細内容については、営業部までお問い合わせください。