製品安全認証のコスモスコーポレイション - 電気、医療、機械、EMC試験、認証、各種申請代行、17025認定校正はコスモスにおまかせください。

MENU

中国(CCC)

中国申請

中国CCC認証 ・CQC任意認証取得のご案内

CCC申請で困っておられませんか?
情報機器をはじめ、家庭用電気製品、モーター、スイッチ等様々な製品のCCC申請やCQC任意認証取得代業務を承っております。

中国の製品安全・EMCの規定概要

1.<強制性製品認証管理規定に基づく強制性製品認証制度(China Compulsory Certification=CCC)>

2001年発行の「強制性製品認証管理規定」により、それまでいくつかに分かれていた強制製品認証を1つにまとめ、新しい強制性製品認証制度(China Compulsory Certification=CCC)が開始され、2009年の改正「強制性製品認証管理規定」を経て実施されています。
認証取得の対象となる製品は、CNCA 2014年第45公告 強制性製品認証目録、強制製品認証カタログ及びCNCA 2017年第20号公告 強制性製品認証目録と2017年HSコード対応表に基づき、電線及びケーブル類、小電力モーター、電動工具、AV機器、情報処理機器、照明機器等となっており、随時追加されております。
対象製品に対し、認証機関にて認証実施細則に基づき型式試験・工場検査を実施、審査に合格すると承認書が発行され、CCCマークを表示することができ、CCCマークを表示したもののみ中国国内への出荷販売、輸入が可能となります。 
なお、認証機関は市場検査、認証後のフォローアップ検査も実施します。
※一部の製品(製品の例:情報技術機器・AV機器のうち、定格電圧が5VDC 以下、公称定格消費電力が15W(または15VA)未満で、かつ電池充電機能がない機器(クラスIII 機器)、小電力モータ、小型交流、アーク溶接機、モーターコンプレッサなど)については、自己宣言方式が新たに導入されており、この方法を選択頂くことも可能です。

・自己宣言方式とは:
  1. 申請者が選択した試験所(認定資格要件を満たしている必要あり)もしくは強制性認証指定試験所にて型式試験を実施する
  2. テストレポート入手後、その他の必要資料と併せて「適合性情報報告システム」への登録を行う
  3. 登録完了後に個別のQRコードが表示された自己宣言書をダウンロードし、署名・捺印を行う
  4. CCCマークの入ったラベルを自社で印字する、もしくはCCCマークラベルを購入し、該当製品に表示の上、製品を出荷する
  5. 承認書の発行はなく、また定期工場検査は要求されない(ただし、自己検査報告書の作成・保管は必要)
  6. 登録の有効期限は10年で、期限満了後、登録情報は取り消される
  7. 登録後の市場管理はCCC認証と同様に行われ、違反の場合は登録が取り消され、公表される
2.<法律にて規定されている事項に基づく対応>

中国の法律において以下のような規定があることから、CCC認証の対象製品以外に対しても強制規格への適合確認が必須となります。

●中華人民共和国標準化法における規定の抜粋概要
  • 第14条 強制規格(=GB規格)に合致しない製品は、生産、販売、輸入を禁止。
  • 第20条 強制規格に合致しない製品を製造、販売、輸入する者は、法律、行政法規に則り処罰。
●中華人民共和国製品品質法における規定の抜粋概要
  • 第26条 生産者はその生産した製品の品質に対し、責任を負わなければならなない。
    製品の品質は以下に掲げる要求に合致していなければならない。
  • 1. 人身・財産の安全を脅かす不合理な危険が存在しない。人体の健康と人身・財産の安全を保障する国家基準、業界基準がある場合は、その基準に合致していなければならない。

中国CCC認証取得代行業務等のご案内

弊社では情報機器をはじめ、家庭用電気製品、モーター、スイッチ等様々な製品に対するCCC申請代行業務、自己宣言方法における自己選択試験所及び指定試験所での試験実施手配並びに代行やCQC任意認証取得代行業務やCB規格への適合確認の為の評価試験実施等を承っております。

お客様の製品がCCC認証の対象品目であるかどうか、製品に該当する強制規格が存在するかどうか等、確認も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。(内容により有料になる可能性があります。)

PAGETOP
Copyright © 株式会社コスモス・コーポレイション All Rights Reserved.