平成25年2月5日に「電気用品の技術上の基準を定める省令の全部を改正する省令案」等に対する意見募集についてのパブリックコメントが発表されましたのでご連絡致します。

下記URL内にある「改正概要」の内容をそのまま記載致します。
<http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=595113009&Mode=0>

1. 改正の趣旨
現行の電気用品安全法(以下「電安法」という。)に基づく安全規制では、国が品目毎に具体的な試験方法や数値を定めているため、日々進化する新技術・新製品に対して、迅速に対応できない面が見られている。また、海外生産品の比率が高まり、安全規制の国際整合性が一層重要になってきている。
これを踏まえ、電気用品の技術上の基準を定める省令(以下「技術基準省令」という。)について、以下の方向性に沿った見直しを行う。
 ①電安法が求める「安全」の明確化を行い、必要な性能を規定
 ②技術の進歩に迅速かつ柔軟に対応するための「民間基準の活用」
 ③電気用品の流通形態を踏まえた「国際整合性の確保」

2. 省令改正の概要
(1) 技術基準省令を全面改正し、個別の電気用品ごとの詳細な技術基準を廃止するとともに、電気用品に共通で求められる性能について規定する。
(2) 技術基準省令改正に伴い、電気用品安全法施行規則第19条【登録の区分】、別表第二(型式の区分)及び別表第三(検査の方式)の一部について、所要の改正を行う。
(3) 電気用品の技術上の基準を定める省令の解釈について(通達)を改正し、現在の技術基準は、改正後の技術基準省令を満足する例示基準として規定する。

3. 今後のスケジュール(予定)
公布 平成25年4月
施行 平成25年10月