製品安全認証のコスモスコーポレイション - 電気、医療、機械、EMC試験、認証、各種申請代行、17025認定校正はコスモスにおまかせください。

MENU

コスモス機器管理

コスモス機器管理とは

コスモス機器管理は、校正・機器・設備の管理を行うことを目的としたデータベースシステムです。
機器の校正管理、一般的な備品管理、棚卸し、資産管理など、幅広い用途にご使用頂けます。
工場、試験所、開発現場、一般のオフィス等、業種を問わない多様な応用が可能です。
特に、大量の機器、備品を所有する工場、オフィスなどで大いに威力を発揮します。
医療機器メーカーのお客様を中心に、数多く導入実績があります。

操作説明動画ダウンロード修正履歴動作環境よくある質問

 

コスモス機器管理の機能

情報共有のための強力なネットワーク機能

一台のサーバにインストールするだけで、ネットワーク内の全てのPCで使用可能!
一台のサーバにコスモス機器管理をインストールすればLAN内の全てのPCで情報を共有する事が出来ます。
PCごとにソフトウェアをインストールする必要がないので、情報の共有、ネットワークの保守、管理が容易です。

 

通常のWebブラウザで使用可能!
通常のWebブラウザで使用する事が出来ますので、各PCにソフトウェアをインストールする必要がありません。
このため、ネットワークの保守、管理が大変容易です。

 

 

関連ファイルへのアクセスを容易にするファイルサーバ機能

登録機器毎に、マニュアルや発注書等関連ファイル(PDF®、Excel®等)をアップロードする事が出来ます。
対象機器の関連ファイルに容易にアクセスできるので、情報の検索にかかる時間を削減できます。

機器承認機能

登録機器に承認情報を持たせることにより、管理者以外は不用意に内容を変更することができなくなります。

サーバの立ち上げが簡単に出来るインストーラ

インストール画面(下写真)の案内に従いクリックしていくだけで、簡単にサーバの立ち上げが行えます。

自動メール配信機能

メールを自動送信!
校正期限切れや登録情報の更新に際し、その内容を通知するメールを自動配信できます。
もちろんメールの内容はお客様によって自由にカスタマイズすることが可能です。

【配信メール例】

表記を自由に変更可能

ユーザーインタフェースの表記を、自由に変更できます。(例:「管理番号」→「登録No.」)

バジェットシート

測定不確かさなどを計算するための補助ツールとして、機器毎の不確かさバジェットシートが簡単に作成できる機能です。


▲不確かさバジェットシート機能

既存データの取り込みサービス

製品版をご購入頂いたお客様には、既にデータベースをお持ちのお客様がスムーズに『コスモス機器管理』を導入できるよう、既存のCSV、Excel®、Access®のデータを『コスモス機器管理』へ移行するためのデータ取り込みサービスを実施いたします。是非ご活用下さい。
(※データの形式によっては、取り込みができない場合がございますので、ご了承下さい。)

コスモス機器管理の各Editionの比較表

体験版 Limited Edition
(500)
Limited Edition 通常版
機器登録数
制限
50機器まで 500機器まで 1,000機器まで 制限なし

コスモス機器管理 Limited Edition のご案内

ご好評頂いております、当社が独自に開発した 校正・機器・設備管理用データベースシステム「コスモス機器管理」を小規模な環境でもご活用頂けるよう、Limited Edition(制限付き廉価版)の提供を開始致しました。
各Limited Editionには機器登録数に制限がありますが、制限数以上登録したくなった場合でも、データを保持したまま通常版へアップグレード可能です。

操作説明動画

動画にてソフトの操作説明を行います。

ダウンロード

体験版(50機器まで登録可能)
ファイルサイズ リリース日
体験版Ver1.4.10 165MB 2016/09/13
アップデートパッチ
Version ファイルサイズ リリース日
Ver1.4.10
(Ver1.3~1.4.9から1.4.10へのアップデートパッチ)
11.1MB 2014/10/09
Ver1.3
(Ver1.0~1.2から1.3へのアップデートパッチ)
9.89MB 2011/06/10

※Ver1.0からVer1.1へのアップデートパッチにてVer1.1にされている場合は、一旦サーバを再起動してからVer1.3アップデートパッチを実行して下さい。
※Ver1.0~1.2がインストールされたサーバにて実行して下さい。

インストール手順書/取扱い説明書
ファイルサイズ リリース日
インストール手順書(PDFファイル) 600KB 2016/09/13
取扱い説明書(製品ヘルプ)(PDFファイル) 1.27MB 2014/06/09
SQLServer2005から2008へのアップグレード
(PDFファイル)
895KB 2016/01/07
データのバックアップと復元方法
(PDFファイル)
480KB 2016/01/07

※Symantec Endpoint Protection 12.1.671.4971 によってウイルスチェックされております。

修正履歴

【Ver.1.4.10 更新機能】
■500機器制限版の追加

【Ver1.4.7 更新機能】
■閲覧専用ユーザーの作成可能に

【Ver1.4 更新機能】
■機器情報にグループ”機能を追加
 グループ機器一括校正機能の追加
■承認機能を保有した校正履歴欄、故障修理履歴欄の追加
 承認待ちがある場合、機器一覧画面に通知
■全機器情報項目(バジェットシート情報以外)を機器一覧画面へ表示
■機器情報の項目を複数追加
 項目欄が足りなく備考に入れていた内容を専用の項目に出来ます。
■CSV詳細出力機能を追加
■履歴をCSV出力機能を追加
■不具合対応
 ・機器情報画面のOut Of Serviceの日付が常に本日の日付が表示されてしまう。
 ・履歴の並び替えを行うと資料等ファイルを保存している場合消えてしまう。
 ・一覧画面でOut Of Serviceの機器を選択した際、右側の校正情報が更新されない。
 ・Win7にて履歴画面からPDF資料を開き、PDFを閉じないで機器情報ウィンドウを閉じようと
  するとエラーが発生する。
 ・履歴画面からダブルクリックでPDF資料を開くと、履歴並び替えドラッグ&ドロップの
  ドロップ待ちになってしまう。
 以上5点の不具合対応を行いました。

【Ver1.3 更新機能】
■不具合対応
 ・名前付きインスタンスに対してインストールを行うとDB接続エラーになってしまう不具合に
  対応しました。
 ・WindowsVista以降の環境で履歴欄に登録した資料ファイルを開くことが出来なくなる不具合を
  解消しました。

【Ver1.2 追加機能】
■ログインID機能
 ログインIDを使用する事により、事業所(施設・部署)毎に機器を管理し、
 事業所毎にソフトの環境を設定できるようになりました。
 メール設定、言語設定等の環境設定は、施設(事業所)毎に設定が可能です。
 
 と、ログインIDを設定する事で、東京のログインIDでログインしたユーザーは
 東京で登録された機器だけが表示され、大阪は大阪でと別管理する事が出来ます。
 なお、ログインIDの数に制限はございませんので、各社員一人一人にログインIDを
 割り振る事もできます。
 また、施設環境の数にも制限はございませんので、どれだけでも複数の環境を
 構築する事も可能です。
 もちろん、従来通りのログインID機能を使用しない設定も可能です。
■不具合対応
 一部の環境でメールが自動で配信されない不具合を解消しました。

【Ver1.1 追加・更新機能】
■機器承認機能
 登録機器に承認情報を持たせることにより、
 管理者以外は不用意に内容を変更することができなくなりました。
■表記を自由に変更可能
 ユーザーインタフェースの表記を、自由に変更できるようになりました。
 (例:「管理番号」→「登録No.」)
■複数のバジェットシートに対応
 一つの登録機器に対し複数のバジェットシートを登録できるようになりました。
■新規機器登録時、既存機器情報コピー機能
 新規機器登録時、既存の登録機器情報をコピーでき、
 同じ型式の機器を登録時など簡単に登録できるようになりました。
■体験版の制限を50機器までに
 体験版の登録機器制限を50機器までに拡大しました。

動作環境

[サーバPC]
OS:Windows 2000、2000Server、XP、Server2003R2、Vista、Server2008、7
CPU:Intel® Pentium®プロセッサ 1GHz以上
メモリ:512MB以上
制限:本ソフトからSQLサーバをインストールした場合
   データベースの最大サイズ:4GB
   300KBの写真付きで機器を登録した場合、約1.3万件の機器登録が可能です。

[クライアントPC]
OS:Windows 2000、2000Server、XP、Server2003R2、Vista、Server2008、7
ブラウザ:Internet Explorer 6 SP1® 以上、IEコンポーネントを使用したブラウザ
権限:Administrator権限もしくはActive Directory等でのActiveXコントロールをインストールできる環境
推奨:Microsoft® Excel®(作成したバジェットシートの出力を行う場合に使用)

・Microsoft Windowsの正式名称は、 Microsoft Windows operating systemです。
・Windows は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。
・Intel は米国 Intel Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。
・その他の製品名などは、一般に各社の商標または登録商標です。

よくある質問

ヘルプファイルが開けません。
Windows Vista以降のOSでは、セキュリティの設定状況によりヘルプファイルが開けない場合があります。
IEを開き、「ツール」メニュー-「インターネットオプション」-「セキュリティ」タブ -「信頼済みサイト」-「サイト」ボタン -「このゾーンのサイトにはすべてサーバーの確認(https:を必要とする)」のチェックを外し、「http://cosmos-pc」を追加してください。
「正しく機能しないアドオン又は悪意のあるアドオンが存在するため、Internet ExplorerはこのWebページを閉じました」と表示されます。
InternetExplorerの環境によってメッセージが表示される場合があります。
以下の方法をお試しください。

1. 他のアドオンの無効化
 ① IEを開きます。
 ②「ツール」メニューの「アドオンの管理」をクリックし、現在読み込まれているアドオンが他にある場合、それらを無効にしてください。
2. 信頼済みサイトへの登録
 ① IEを開きます。
 ②「ツール」メニューの「インターネットオプション」をクリックします。
 ③「セキュリティ」タブの「信頼済みサイト」をクリックし、「サイト」ボタンをクリックします。
 ④「このゾーンのサイトにはすべてサーバーの確認(https:)を必要とする」のチェックを外します。
 ⑤「http://コスモス機器管理」がインストールされているPC名を追加します。
3. Cookie、一時ファイルの削除
 ① IEを開きます。
 ②「ツール」メニューの「インターネットオプション」をクリックします。
 ③「全般」タブの「閲覧の履歴」にある「削除」ボタンをクリックします。
 ④ 削除する項目名にチェックを入れ、「削除」ボタンをクリックします。
4. コスモス機器管理のVer情報(画面左下に表示)は1.4.9となっていますか?
 なっていない場合は、古いバージョンが読み込まれている可能性があります。
 プロキシを利用されている場合、キャッシュが残っている場合があります。プロキシを外して起動してください。
 プロキシを利用されていない場合、ローカルの一時ファイルに残り続けている場合があります。
 上記「Cookie、一時ファイルの削除」と、下記「アドオンの削除」両方を同時にお試しください。
<アドオンの削除>
 ① IEを開きます。
 ②「ツール」メニューの「インターネットオプション」をクリックします。
 ③「全般」タブ-「閲覧の履歴(インターネット一時ファイル)」の「設定」ボタンをクリックします。
 ④「オブジェクトの表示」ボタンをクリックします。
 ⑤「InstrumentManageコントロール」を削除します。
  ※コスモス機器管理を開いていると削除できませんので、オブジェクトの表示画面を残しつつIEを閉じると削除できます。
 ⑥ 再度コスモス機器管理を起動します。
5. IEのロールバック
 ①「スタート」ボタン-「コントロールパネル」-「プログラムの追加と削除」をクリックします。
 ②「InternetExplorer8」を起動します(IE6か7にロールバックされます)。
 ③再起動が必要となりますので、再起動します。
ダウンロードの際、「calib××.exeはダウンロードしたユーザー数が少ないため、PCに問題を起こす可能性があります。」と表示されます。
WebブラウザにInternet Explorerのバージョン9以降をご利用の場合に、Internet Explorerの機能「SmartScreenフィルター」によって「ダウンロードしたユーザー数が少ないため、PCに問題を起こす可能性があります。」というメッセージが表示される場合があります。
  Microsoft Windows「SmartScreenフィルター」(Internet Explorer9)
その場合、下記手順を実行してください。
 ①「操作」ボタンをクリックする。
 ②「SmartScreenフィルター」ダイアログボックスの「その他のオプション」をクリックする。
 ③「実行」ボタンをクリックする。
PAGETOP
Copyright © 株式会社コスモス・コーポレイション All Rights Reserved.