製品安全認証のコスモスコーポレイション - 電気、医療、機械、EMC試験、認証、各種申請代行、17025認定校正はコスモスにおまかせください。

MENU

IP試験

IP試験

IP試験設備(防塵・防水試験設備)の概要

大型IP試験設備の導入により、「塵埃・水の浸入に対する保護」への試験が対応可能になりました。
今回導入した「IP室(防水試験室)」は、UL50の保護内容である暴噴流試験(毎分246リットル)にも対応しています。
【備考】
IPはInternational Protectionの略で、電気製品の筐体が、異物の侵入を防ぐ外郭による保護等級を表すものです。
IEC/EN60529・JIS C0920(外郭による保護の階級分類)に基づく評価で、固体、液体の侵入物に対する保護の度合いが数字で表され、数字を見れば製品の保護等級がわかるようになっています。

評価実施概要

①外来固形物の侵入に対する保護 IP0X~IP6X — 立会試験/依頼試験 対応可能
②水の浸入に対する保護 PX0~IPX8、IPX9K — 立会試験/依頼試験 対応可能
【備考】
・依頼試験・・・試験筐体を弊社にご送付頂き、評価を実施させていただきます。
・立会試験・・・御社エンジニア様が、弊社の設備で試験の詳細を確認できます。

評価できる機器類

産業機器、オフィス機器、医療用機器、家庭用機器等広い分野においてIP試験が適用される機器が沢山御座います。

IP試験概要紹介

保護等級 保護等級
IP0X 無保護 IPX0 無保護
IP1X 直径50mmの硬球が進入せず、硬球と危険部分との間に適正空間距離が確保されていること IPX1 垂直に落下する水に対する保護
IP2X 直径12.5mmの硬球が進入せず、硬球と危険部分との間に適正空間距離が確保されていること IPX2 傾斜(15度)状態にて垂直に落下する水に対する保護
IP3X 直径2.5mmの試験棒が進入せず、硬球と危険部分との間に適正空間距離が確保されていること IPX3 60度の角度からの散水に対する保護(散水ノズルでの試験となります)
IP4X 直径1.0mmの試験棒が進入せず、硬球と危険部分との間に適正空間距離が確保されていること IPX4 あらゆる角度からの散水に対する保護(散水ノズルでの試験となります)
IP5X 塵埃の進入を完全に防止することはできないが、機器の所定の動作及び安全性を妨害する量の塵埃の進入がないこと IPX5 毎分12.5リットルの激流に対する保護
IP6X 塵埃の進入がないこと IPX6 毎分100リットルの爆激流に対する保護
IPX7 浸水状態での保護
IPX8 水圧をかけた浸水状態での保護
IPX9K 毎分14~16ℓ/水圧8000~10000kPa
PAGETOP
Copyright © 株式会社コスモス・コーポレイション All Rights Reserved.