2013年4月17日、放送通信の標準化ガイドライン改訂(案)が認証機関NRRA(National Radio Research Agency)より発行されましたのでお知らせ致します。

主な改正案の内容は、下記となります。

1. 管轄機関であるKCC(Korea Communications Commission)がMSIP(Ministry of Science, ICT&Future Planning)に名称変更したことに伴うKC認証番号の変更

2. 変更申請時の試験要求の緩和化

3. KCマークと共に製品上に表示頂く認証番号は、KC承認書上に記載されているモデル名を製品及び包装上に表示することにて代用可能
(但し、この場合は認証番号は取扱説明書に表示が必要)
   
現在NRRAは上記改定案に対するパブリックコメントを募集しています。
それをもちまして、正式な改訂通知が発行される見込みです。

放送通信の標準化ガイドライン改訂(案)は、下記国立電波研究所(NRRA)の
HPにてご確認頂けます。(韓国語)
尚、ファイルを開く際は、拡張子”hwp”を編集できるソフト(有償)又は
拡張子”hwp”を開くためのフリーソフト等が必要です。

http://rra.go.kr/board/policy/view.jsp?pc_seq=401&pc_type=1&pc_status=&searchCon=&searchTxt=&sortOrder=
※リンク切れ

詳細内容については、業務推進部(sales@cosmos-corp.com) までお問い合わせください。