レーザー光を使用する機器(レーザーポインター、放射温度計等)、
組込み機器(プリンター内部のレーザーユニット等)は、
使用者に対する安全性に関する下記の規格に適合するために、
レーザーのクラス分けを行なう必要があります。

(国際規格)IEC 60825-1
(欧州規格)EN60825-1
(米国規格)21CFR Part1040.10 等

上記規格に適合しているかのレーザーパワーの測定および
クラス分けの業務を行なっています。
弊社に送付いただいたサンプルに対して実施する依頼測定の他、
ご要望に応じてお客様の施設にて実施する出張測定も対応可能です。

消費生活用製品安全法にて特別特定製品となっている
携帯用レーザー応用装置に関しまして、弊社は経済産業省の
登録検査機関として、日本工業規格(JIS規格)JIS C6802に
適合しているかの性能確認、波長・パワーの測定、および
クラス分けの業務も行なっています。

適合が確認された場合、御社製品に適合マークである
PSCマークを表示することができます。

上記の各業務に必要な資料、標準納期は下記の通りです。

【必要資料】
 サンプル2台
 レーザーダイオードの仕様書
 一故障部品の情報(レーザーパワーを制御している部品情報)

【標準納期】
 サンプル、必要資料受領から2週間で測定レポートを発行します。

レーザー製品を製造されているお客様は、この機会に是非弊社の
レーザー測定サービスをご利用下さい。